2016年03月22日

ショーンK氏の話題から考える「詐称」について

ブログでエンタメ系の記事を書くことはほとんどないのですが、なんとなく気になったので少し触れてみたいと思います。

少し前までタレントのベッキーさんとゲスの極み乙女のヴォーカルの方との不倫騒動が話題になりましたね。
「ありがとう文春!」という言葉が毎日のようにテレビで流れていました。

そして今回の騒動でもやはり発端は週刊文集でした。

騒動の内容は皆さんご存知かと思いますのでここで解説をすることは避けます。

気になった部分は「詐称」の部分です。

芸能界というのは様々な詐称が存在します。
多いのは「年齢」「整形」でしょうか。
KABAちゃんや、げんきんぐさんのように「セクシャリティー」の詐称もあります。

不思議なことに「実は年齢偽ってました!」ということを、少し売れなくなった芸人さんが言ったりしてもマスコミは取り上げることはないのですね。

ショーンKさんの詐称もそんなに毎日報道するような内容ではないし、本人の謝罪もかなりオーバーな気がします。
そんなに話題にすることでもないのに毎日何時間もワイドショーを賑わせている理由はやはり「時の人」だからでしょうか。
じわじわとテレビに出るようになり、最近では番組の顔のような存在にもなってきてまさにのりにのっている状態です。
だからこそこんなにも話題になったのでしょう。

DSCF2619.JPG
無料風景フリー写真より

毎日悲しい事件も起きています。
中学生の自殺。
高校生の殺人。
虐待は毎日誰かがニュースになっている状態です。




私が大好きな川崎市でも、悲しいニュースがとても多いです。
例えば、川崎市中1多摩川河川敷殺人事件。
こちらはサイトのほうで解説をつけています。⇒http://www.yuttilove.com/066.html
いわゆる「どや街」と言われる場所での火事もありました。

悲しい事件が多い中で最近私はアイドルの記事を書くことが増えました。
地域を応援してくれるアイドルの存在。
今後はそんな存在について、そして川崎の楽しい情報もお伝えしていきたいと思っています。

銀柳街のぎんちゃん
posted by yutti at 15:52| Comment(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: