2016年04月06日

アイドルの昔と今〜「おニャン子クラブ」と「川崎純情小町☆」そして「6人のSMAP」

珍しくブロガーのような記事を書きます。

アイドル記事が増えているのは川崎純情小町☆を応援したい気持ちが強くなったからでしょうか。
実は私アイドルに関してちょっと人と違った感情を持っていまして、今回はそのことについて触れたいと思います。

まず、私自身の好きだったアイドルについて。
男性になってしまいますが今や国民的アイドルと言われているSMAPのファンだったことがあります。
今の小町組の皆さんと同じくらい熱い思いをもって応援していました。

当時SMAPはデビューする前…わかりやすく言うと香取慎吾さんが小学生だったころです。
森且行さんもいましたね。
私は小学校高学年から中学2年までSMAPを追いかけていました。
1日コンサート3ステージをみたこともありましたし、やってはいけない「おっかけ」をしていた時もあります。
中学時代の青春はすべてSMAPでした。あだ名もSMAP、卒業アルバムの寄せ書きにもSMAPのことしか書かれていなくて(笑)、知らないヤンキーさんからも「おー!スマップちゃん」と声をかけられたりしていました。

全てがSMAP一色だった私ですが、高校受験をするときに少しだけ応援を控えよう…と思い自粛していました。
そして受験が終わったとき…
私はファンではなくなっていました。
彼らを見てもミーハーな気持ちはなくなってしまいました。
試しに行ったコンサートも全然ダメでした。

だから実は私は「アイドルというのは大人になったら応援できなくなるもの」という気持ちが強かったのです。




さて、おニャン子クラブですが私はもっとさかのぼって子供時代の想い出という感じの記憶があります。
国生さゆりさんのバレンタインデーキッスの振り付けを真似したり、新田恵利さんの歌真似をしたり。
分かりやすく言うと、ちびまる子ちゃんが百恵ちゃんにあこがれるような感じです。

幼い私にはキラキラしたアイドルというイメージがありました。
でも、SMAPを卒業した時から考え方ががらりと変わりました。

自殺してしまったジョッキーの後藤騎手が渡辺美奈代さんの親衛隊だったことは以前ブログで書かせていただきました。⇒http://yuttilove.sblo.jp/article/114414640.html

親衛隊という存在は知っていました。
でもリアルに知ってしまった親衛隊は「大人」が「大人的に」アイドルを応援するシステムだと知りました。(主観です、ご了承ください)
上下関係が厳しく、閉鎖的。小さいころに応援していたおニャン子クラブのイメージがガタガタと崩れていきました。その時、アイドルを応援することはもう二度とないだろうと思って悲しくなりました。

ひとつ言いたいのは、おニャン子クラブが悪いわけではないんです。
そのプロデュース方法が今のアイドルをダメにしているのでは?という疑問があります。

当時のおニャン子クラブとプロデューサーが一緒なのですからAKB48にも繋がりますね。
ここでいわゆる大人から金をむしり取るシステムができてしまったのです。

近年のアイドルの殆どが物販、チェキ撮影、握手券等で儲けを出している状態です。
昔のアイドルは会えないからこそアイドルだったのに比べて、今は会えるのがアイドルです。
私は、最近のアイドル事情を知るたびに悲しくなりました。

そこで出会ったのが川崎純情小町☆です。
確かに物販システムはあります。
大人のファンがほとんどです。

川崎純情小町ミリエル

でも、違うんです。

川崎純情小町☆の月一のライブは女性子供は無料なんです。
メンバーが本当に全力でアイドル活動をしているんです。
そんなメンバーをみてファンでなくても応援しているサポーターが多くいます。
(私もその一人と思っております…)
もちろんファンの方もピュアな方ばかり。
ライブ会場は女性やお子様が笑顔で歌って踊っています。

アイドルに幻滅していた私を魅了してくれた川崎純情小町☆に感謝の気持ちしかありません。

私にできること。
それは彼女たちの魅力を写真を通して伝えていくこと。
しかも、多くの人が撮るような可愛いアイドル写真ではなく臨場感の伝わる写真を撮ること。

現在期間限定のポートフォリオページを製作中です。
http://yuttilove.com/kkj-top.html

多くの方に川崎純情小町☆を知っていただきたい。
だから、1枚で伝わる写真を撮りたいと思っています。

今回は本当に乱れた文章で申し訳ありません。
それだけ、私は川崎純情小町☆を応援したい気持ちが強いです!
posted by yutti at 22:23| Comment(0) | アイドル記事

2016年03月30日

川崎純情小町☆を撮影させていただいています

このブログ内で多くの「川崎市」に関する記事を書いています。
それは私にとって川崎がとても大切な場所だからです。
幼少期を過ごしたのも川崎の溝の口でした。
住所こそ川崎市ではありませんが川崎駅までは歩いて行ける距離です。
ほぼ毎日川崎に行っています。
川崎の良さをたくさん知っているつもりです。
だから私は川崎の情報をお届けしたいと思っています。

そんな中出会ったのが「川崎純情小町☆」という川崎市公認のアイドルグループです。




最近のアイドル事情は様々な意味で厳しい状況です。
近年のアイドル事情

私は「アイカツ」というアニメをみて「アイドルとは元気と夢を与える存在」だと思っています。
アイカツについてはこちら⇒アイカツライブに行ってきました

今は誰でもアイドルになれる時代。
画家と同様「自称」で通用するようになってしまいました。
ネットアイドル、撮影会アイドル…様々な自称アイドルを見てきて、なんだか寂しい思いになっていた時に川崎純情小町☆のライブを撮影というきっかけで見ました。

彼女たちの存在は電車の広告等で知っていました。
でも、こんなに素晴らしいアイドルだとは知りませんでした。

川崎純情小町の写真


パワフルで一生懸命で可愛くて優しくて…

川崎純情小町ももちゃん

写真は宮内桃子さんです。
綺麗で見惚れてしまいますよね。

月一で開催されている川崎セルビアンナイトでのライブでの1枚です。
この定期ライブ、実は女性子供は無料です!
なので会場には女性や子供もたくさんいます!

是非一度ライブを観てみてください。
魅了されることは間違いないです。

今後も川崎純情小町☆の魅力を川崎市の情報とともにお伝えしていきたいと思っております。

川崎純情小町公式サイト⇒http://kjk-official.com/

女性カメラマンとして
アートフォトグラファーとして
私でしか撮れない彼女たちの魅力をお届けしたいと思っています。

yutti公式サイト
posted by yutti at 17:12| Comment(0) | 川崎純情小町☆

2016年03月22日

ショーンK氏の話題から考える「詐称」について

ブログでエンタメ系の記事を書くことはほとんどないのですが、なんとなく気になったので少し触れてみたいと思います。

少し前までタレントのベッキーさんとゲスの極み乙女のヴォーカルの方との不倫騒動が話題になりましたね。
「ありがとう文春!」という言葉が毎日のようにテレビで流れていました。

そして今回の騒動でもやはり発端は週刊文集でした。

騒動の内容は皆さんご存知かと思いますのでここで解説をすることは避けます。

気になった部分は「詐称」の部分です。

芸能界というのは様々な詐称が存在します。
多いのは「年齢」「整形」でしょうか。
KABAちゃんや、げんきんぐさんのように「セクシャリティー」の詐称もあります。

不思議なことに「実は年齢偽ってました!」ということを、少し売れなくなった芸人さんが言ったりしてもマスコミは取り上げることはないのですね。

ショーンKさんの詐称もそんなに毎日報道するような内容ではないし、本人の謝罪もかなりオーバーな気がします。
そんなに話題にすることでもないのに毎日何時間もワイドショーを賑わせている理由はやはり「時の人」だからでしょうか。
じわじわとテレビに出るようになり、最近では番組の顔のような存在にもなってきてまさにのりにのっている状態です。
だからこそこんなにも話題になったのでしょう。

DSCF2619.JPG
無料風景フリー写真より

毎日悲しい事件も起きています。
中学生の自殺。
高校生の殺人。
虐待は毎日誰かがニュースになっている状態です。




私が大好きな川崎市でも、悲しいニュースがとても多いです。
例えば、川崎市中1多摩川河川敷殺人事件。
こちらはサイトのほうで解説をつけています。⇒http://www.yuttilove.com/066.html
いわゆる「どや街」と言われる場所での火事もありました。

悲しい事件が多い中で最近私はアイドルの記事を書くことが増えました。
地域を応援してくれるアイドルの存在。
今後はそんな存在について、そして川崎の楽しい情報もお伝えしていきたいと思っています。

銀柳街のぎんちゃん
posted by yutti at 15:52| Comment(0) | 雑記